診療案内

診療についての詳細なご案内です。

診療科目

  • 皮膚科

診療案内


アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は「増悪と軽快を繰り返す掻痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、多くはアトピー素因を持つ」と定義されています。(日本皮膚科学会が作成したアトピー性皮膚炎診療ガイドライン)
わかりやすく言い換えると、皮膚のかゆみや赤みが良くなったり、悪くなったりを慢性的に繰り返し、多くの患者さんは皮膚が乾燥しやすい素因(ドライスキンと言われる皮膚バリアの障害)とアトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)を持っています。
アトピー性皮膚炎に特異的な検査法はなく、診断は皮膚の症状、年齢による皮疹の分布と経過、さらに家族歴に基づいて行います。

<治療法>

皮膚の乾燥を補う保湿剤によるスキンケア、湿疹の炎症を抑えるための外用ステロイド剤、外用タクロリムス、外用JAK阻害薬による外用療法が基本です。
外用薬は年齢や使用する部位、炎症の強さ、使用期間を考慮して選択する必要があります。
外用剤は適切な量を使用しないと十分な効果を認めないことがあります。
当院では熟練したスタッフが適切な外用剤の使用量、使用方法について実際に塗りながら指導し、治療効果を高めるサポートをしています。
症状によりかゆみを減らす作用のある抗ヒスタミン剤内服の併用や、問診でアレルギーの関与が強く疑われる場合は悪化因子精査のため検査を行うこともあります。

<中等症から重症の成人のアトピー性皮膚炎の方>

基本の外用剤治療を適切に行ってもコントロールが難しかった中等症から重症の成人のアトピー性皮膚炎の方には、免疫抑制剤(シクロスポリン:商品名 ネオーラル)の内服や注射薬(デュピルマブ:商品名 デュピクセント)の使用が可能になりました。
シクロスポリン:腎機能障害や高血圧の副作用に注意しながら使用します。
注射薬デュピルマブ:皮膚バリアの障害、湿疹の炎症、かゆみに対し体の中からアプローチするため高い効果が認められています。導入最初の2回はクリニックで使用します。それ以降は患者さんがご自身で2週間に1回、ご自宅で注射をします。
クリニックにおいてもより効果的な治療の選択肢を提供できるようになり、よりよい状態が目指せるようになってきています。

じんま疹

じんま疹はムズムズする痒みを伴う赤みをもった小さな皮膚のふくらみができる疾患です。このふくらみは消えたり、また別の場所に出たりを繰り返します。
じんま疹は5人に1人は一生のうちに一度は経験するといわれるくらいよく起こる病気です。食べ物が原因と思われがちですが、じんま疹の7割以上の方は原因がよくわかっていない突発性じんま疹です。このタイプは内服薬が効きやすいことが多いのでしっかりと治療を行い症状をコントロールすることが大切です。

かぶれ(接触皮膚炎)

化粧品や洗剤、アクセサリーに含まれる金属、植物など身の回りにあるものに反応して生じる皮膚炎です。原因となるものは意外に多く、気づかないうちにかぶれを起こし、接触を継続することで悪化しているケースが多く認められます。

再発を防ぐには原因から遠ざかることが必要です。当院では原因検索のため、パッチテストパネルを使用したパッチテストを行っております。検査には1週間に3回の受診が必要となり実施可能な曜日が限定されます。検査中は使用できない内服薬もありますので初診時には実施できません。アナフィラキシー症状など重症な反応の既往がある方はパッチテストによる全身症状が出ることがあり当院では実施できないため総合医療機関をご紹介いたします。

水虫(白癬)

水虫

水虫は白癬菌というカビ(真菌)の感染によって生じます。ゆびの間が痒くなったり、じくじくしたり足の裏の皮がむけたりして市販の塗り薬を使用しておられる方も多いと思います。一見水虫のように見えてもそうでない場合(自分は水虫と思っていらっしゃる方の4割は別の病気だったという報告があります)や、逆に全く気づかない状態で実は水虫だったということもあります。

私たち皮膚科専門医でも見ただけでは(視診)水虫かどうか100%の判断はできません。それくらい症状は似通っています。そのため角層の一部を採取し菌の検査をします。当院では医師と一緒に菌体を確認できるモニターを導入しています。菌の確認後、治療を開始します。

つめみずむし(爪白癬)は内服薬の効果が高いのですが、体の状態や年齢、服用中の薬によっては選択できない方もおられます。現在治療効果の高い外用剤もありますので一度ご相談ください。

ニキビ(尋常性ざ瘡)

にきび(尋常性ざ瘡)

ニキビは日常的によく見かけますが、一方で本人の心理的苦痛は大きい疾患です。ひどい紅いニキビ(炎症性にきび)を早期に治療しないとニキビ跡がいつまでも残ることがありますからできる限り早めに炎症を抑えることが必要です。外用剤や内服薬による治療、洗顔法や生活習慣、化粧品の選び方など多方面からのアプローチが大切です。

当院では日本皮膚科学会の「ざ瘡の治療ガイドライン」に基づき治療を行っております。具体的には、抗菌薬の内服、外用、過酸化ベンゾイル、アダパレンの外用を単独、または組み合わせて治療を進めます。過酸化ベンゾイル、アダパレンによりこれまで治療の難しかったコメド(白ニキビ)の治療が可能になっています。乾燥や赤みが強く出る方もおられますので反応をこまめに確認しながら使用します。

抗生剤の内服が難しい方は漢方薬による治療を選択することがあります。

いぼ(尋常性ゆうぜい)

ヒト乳頭腫ウイルスの感染で生じます。子どもの手足に多い病気で自分の皮膚にうつって増えたり、家族内感染を生じることもあります。

治療は液体窒素による凍結療法が標準治療です。1回で完治することは少なく複数回かかりますので根気よく治療を続けてください。特に足の裏や爪の下のイボは難治性です。治療は痛みを伴いますので小さなお子さんの場合、治療開始の時期はご家族と相談して決定します。

みずいぼ(伝染性軟属腫)

みずいぼは、主に子どもに生じる軟属腫(なんぞくしゅ)ウイルス感染症で直径1~2mmの皮膚と同じ色のブツブツです。みずいぼといわれますが水ほうではありません。ブツブツの中にウイルスの塊が入っており掻き破ったりして中身がでると周りに増えていくことが多くみられます。乾燥肌やアトピー性皮膚炎などの皮膚のバリア機能障害があると増えやすい傾向があります。水いぼの感染している皮膚が接触して他の人にうつることがあります。

みずいぼは早い場合で6ヶ月、長いときは3年経過するとウイルスに対して免疫(抵抗力)ができるため自然に治ります。(それまでは増えます)
一方、みずいぼはまだ特効薬がなく、うつる疾患であるため、自然治癒が待てない場合の早く確実な治療はピンセットでつまんで白い中身を出す捻除です。痛みを伴います。どのように治療するかは悩ましいところですが現在のところ、10個くらいまでの少数の場合は早期に捻除し、たくさん増えた場合は自然治癒を待つというのが一般的です。

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひは皮膚の細菌感染症です。子どもに多い疾患で水ほうやかさぶたがついた赤みが急に増えるので「とびひ」といわれています。軽い場合は外用剤だけでよいこともありますが、ほとんどは抗菌剤の内服薬を必要とします。最近では市中型MRSA(メチシリン耐性ブドウ球菌)などの薬剤耐性菌が原因のこともあり、内服薬の効果が少ない場合は細菌培養検査を行って適切な薬剤を選択することが必要です。

しみ

しみと一言でいってもいろいろな種類のものがあります。まず良性か悪性かの判断が重要です。良性であっても様々な疾患があり、それぞれに治療法が異なります。一度ご相談ください。

ほくろ

最初に本当にほくろかどうかを診断する必要があります。ほくろに似た皮膚がんもあります。気になるものは皮膚科専門医によるダーモスコピー(特殊な拡大鏡)を用いた診察をお勧めします。

その他皮膚に関することは一度ご相談ください。
当院で対応の難しい場合は皮膚科のある総合医療機関をご紹介いたします。

紹介先

  • 九州大学病院
  • 福岡大学病院
  • 福岡赤十字病院
  • 国立病院機構九州医療センター
  • 浜の町病院

紹介先

中村きょうこ皮膚科のご案内

院長
中村 恭子

所在地
〒814-0113
福岡県福岡市城南区田島1-15-60

電話番号
092-407-8067

診療科目
皮膚科

駐車場
14台(無料)



地図

地下鉄七隈線 別府駅出入口2番より田島新橋方面へ徒歩15分

平尾別府線(筑肥新道)沿い田島2丁目北信号そば

お問合せはこちら
中村きょうこ皮膚科のロゴ