当院について

ごあいさつ

院長 中村 恭子

平成24年11月、福岡市城南区田島1丁目に「中村きょうこ皮膚科」を開設いたしました。開院当初から医療の原点は「手当て」にあると信じ、確かな診断と科学的根拠のある治療をこころがけてまいりました。

当クリニックは一般皮膚科、小児皮膚科を専門としており、皮膚に湿疹などのトラブルを持つ多くのお子さんとそのお父さん、お母さん、ときにはお祖父ちゃん、お祖母ちゃんがご一緒に来院されます。診察時にお話を伺うとたいてい何かしらの外用剤をすでに使用されていますが効かないと言われます。お薬の名前を聞く限り効果があるはずだなぁと思いながら、さらに詳しく聞いてみると、ほとんどの方が使用する量や回数が少なかったり、使用方法が間違っていたり、副作用が怖くて塗れなかったという方もおられました。
お子さんのみならず、すべての年代の方に言えることですが、皮膚トラブル治療の基本は外用剤塗布です。外用剤を正しく使用することが、全身性の副作用を避けながら治療する近道なのです。そのため当院ではスキンケアを重視し、軟膏指導を徹底するようにしています。「もう知っているよ」ということもあろうかとは思いますが、一度しっかり皮膚科の外用法を聞いて実践してみてください。

その他、精密検査が必要な方や難治性疾患、悪性腫瘍が疑われる場合は、連携する総合病院をご紹介しています。

今後も積極的に学会や講習会で新しい知見を得て、可能な限りの新しい治療法を取り入れ、進化する医療を常にアップデートする努力を続けてまいります。

院長 中村 恭子

院長略歴

学歴

1983年福岡県立小倉高等学校卒業
1990年大分医科大学医学部(現・大分大学医学部)卒業
1999年九州大学大学院 医学研究院 卒業、学位取得

経歴

1990年
九州大学医学部 皮膚科学教室 入局
1992年
九州厚生年金病院 皮膚科
1994年
九州大学病院 皮膚科医員
1999年
国立小倉病院 皮膚科
2001年
九州大学病院 皮膚科助手
2003年
国立成育医療センター(現・国立成育医療研究センター)皮膚科
2006年
国立病院機構 福岡病院皮膚科
2007年
太宰府市にて中村きょうこ皮膚科クリニック開設
2012年
福岡市城南区田島にて中村きょうこ皮膚科開設

専門医・認定医

  • 日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

専門医・認定医

  • 日本皮膚科学会
  • 日本小児皮膚科学会

診療方針

診療方針

「心の通った患者さん中心の医療」「確かな診断に基づく科学的根拠のある治療」が当院の基本理念です。患者さんがご自身の病気を理解し納得のうえ、私ども医療者と同じゴールを目指して共に治療することが最も重要と考えております。
そのため当クリニックでは診断や治療内容、それに伴うリスクや生活上の制限などをご説明し、ご本人のご意思を最大限尊重した治療法を決定いたします。

治療のながれ

問診

現在の皮膚の症状、これまでの治療歴、これからの治療に関するご希望をお伺いします。

診察・検査

病気の経過と皮膚の症状を確認しながら診察を行います。必要に応じて血液検査や真菌検査などの検査を随時行います。

治療

外用剤を使用する場合はご自宅でクリニック内と同じように使用できるように薬の塗り方の指導を行います。

効果の判定

再診していただき皮膚の状態の確認をします。薬剤の使用状況を確認し、必要であれば再度指導や処方変更を行います。